AMTC

Organization

Advanced Measurement
Technology Center

高度計測技術実践センター

高度計測技術実践センター
センター長

武藤 俊介

MUTO, Shunsuke

高度計測技術実践センターは、これまでの研究所のもつユニークな高度計測技術シーズを活用し、高度計測技術の開拓発展、機器共用と共同研究および人材育成を行うための組織として、平成27 年4 月に設立されました。本センターでは、所内の超高圧電子顕微鏡施設と先端技術共同研究施設を核に、研究所と関連する工学研究科、理学研究科、環境学研究科、シンクロトロン光研究センターおよび学外の知の拠点あいちシンクロトロン光センター、核融合科学研究所などとの連携の下、電子顕微鏡計測、電磁波計測、素粒子計測、X 線分光計測、ナノ加工計測の5 つの分野の高度計測技術の実践と人材育成を推進しています。

高度計測技術実践センター

  • センター長

    武藤 俊介

    MUTO, Shunsuke

  • 副センター長

    加藤 剛志

    KATO, Takeshi

Movie

高度計測技術実践センター 紹介ムービー

  • 今を観る、未来を創る(2分46秒)

Section / Group

各部・グループ紹介

電子顕微鏡計測部

 電子顕微鏡を用いた精密構造解析法および物性測定法として、原子レベル空間/電子構造解析、収束電子回折法によるナノメーター領域の格子歪みの精密測定、 電子線トモグラフィーによる三次元構造解析、電子線ホログラフィーによる電磁場の可視化、ガス環境下の化学反応オペランド観察/分析などの技術を発展させます。

 

ナノ顕微分光物質科学(武藤研究室)

電子線ナノ物理工学(齋藤研究室)

反応科学超高圧走査透過型電子顕微鏡 JEM1000K RS

ナノ顕微分光物質科学

今日の様々なナノテク関連材料では、機能元素と呼ばれる不純物添加、それに伴う格子欠陥形成、または表面や界面構造の制御などによって劇的に材料の性質を向上させています。我々のグループでは最先端の透過型電子顕微鏡・電子分光と「インフォマティクス」技術を組み合わせて、このようなナノ領域の格子欠陥を正確に計測・分析する手法を開発し、材料機能発現のメカニズムと新規材料開発のための指導原理を解明することを目的としています。対象は、磁性発現の基本物理量である磁気角運動量のナノ領域測定という基礎研究から、リチウム二次電池、自動車排気ガス浄化触媒、セラミックス素子、フェライト磁石にわたる広範な実用材料分析にまで及びます。

 

複合電子顕微分光によるナノデバイス分析技術の開発・応用ナノ顕微分光物質科学/武藤俊介・大塚真弘

複合電子顕微分光によるナノデバイス分析技術の開発・応用ナノ顕微分光物質科学/武藤俊介・大塚真弘

メンバーを表示する

Member

  • センター長・教授

    武藤 俊介
    研究テーマ

    電子顕微分光を活用したエネルギー・デバイスのナノオーダー評価および開発に関する研究

  • 講師

    大塚 真弘
    研究テーマ

    電子チャネリング効果を活用したサイト選択的定量分析手法の開発とその実用材料分析への応用

  • 客員教授

    岡島 敏浩
  • 客員教授

    高橋 可昌
  • 客員准教授

    樋口 哲夫
  • 招へい教員

    イエザーリ ファビオ

電子線ナノ物理工学

 軌道角運動量やスピンを制御した新しい電子ビームをもちいた次世代の電子顕微鏡装置および分析手法の開発を行っています。 独自開発したスピン偏極パルス電子源および電子線ダイレクト検出器を備えた電子顕微鏡装置は世界最高レベルのエネルギー分解能および時間分解能を示し、 ナノスケールの超高速現象の可視化などへの応用研究を進めています。また、電子回折や電子エネルギー損失分光などあらゆる電子顕微鏡技術を最大限に活用し、 半導体パワーデバイスの欠陥解析や電池材料のオペランド観察など実用材料の精緻な評価も行っています。

本研究グループで開発したスピン偏極パルス電子顕微鏡

メンバーを表示する

Member

  • 副所長・教授

    齋藤 晃
    研究テーマ

    革新的電子ビームをもちいたナノ材料評価技術の開発

  • 助教

    石田 高史
    研究テーマ

    アクティブ電子ビーム制御および検出技術を用いた新規電子線イメージング法の開発

  • 客員教授

    内田 正哉
  • 客員教授

    平山 司
  • 客員教授

    山﨑 順

電磁波計測部

 プラズマ中の原子・分子からの線スペクトル観察やレーザーを用いたプラズマ診断など、発光体や材料からの電磁波、反射光などの計測・診断技術を開発することにより、プラズマ核融合などのエネルギーシステムの制御技術の発展に貢献します。

プラズマエネルギー工学(大野哲靖研究室)

高粒子束プラズマ発生装置 NAGDIS-II

 

プラズマエネルギー工学

温暖化や資源枯渇などの地球環境問題解決のため、磁場閉じ込め高温プラズマを用いた核融合発電の研究が世界規模で進められています。当グループでは、高温高密度の炉心プラズマ維持のために不可欠な境界プラズマ制御とプラズマ計測技術の開発、太陽表面に匹敵する超高熱流プラズマと壁材料の相互作用に関する研究を実施しています。高密度プラズマ発生装置を用いた実験のほか、計算機シミュレーションによるプラズマモデリング、産業応用にも期待される機能性ナノ構造金属の創成を行っています。

 

メンバーを表示する

Member

  • 教授《工学研究科》

    大野 哲靖
    研究テーマ

    磁場閉じ込め核融合発電の実現に向けた境界プラズマ制御

  • 准教授

    田中 宏彦
    研究テーマ

    熱核融合発電実現を目指した周辺・ダイバータプラズマ中の熱粒子輸送研究

素粒子計測部

超高速原子核乾板読み出し装置

独自に開発した原子核乾板技術を駆使して、宇宙から地上へと降り注ぐ宇宙線に含まれる、電荷を持つ素粒子ミューオンを利用して巨大構造物(ピラミッド、原子炉、溶鉱炉、火山など)の内部を透かし撮りする応用技術「ミューオンラジオグラフィ」の開発を行います。

 

実験観測機器開発(中野研究室)

実験観測機器開発

メンバーを表示する

Member

  • 准教授《理学研究科》

    中野 敏行
    研究テーマ

    原子核乾板技術の先進化の研究および推進と同技術を駆使した応用展開

  • 准教授《理学研究科》

    森島 邦博
    研究テーマ

    革新的超高解像3次元放射線イメージング 検出器「原子核乾板」の技術開発とその多分野への応用

  • 特任准教授

    佐藤 修
    研究テーマ

    ニュートリノ振動現象の解明、ダークマター探索と写真乳剤による応用研究

  • 助教

    六條 宏紀
    研究テーマ

    原子核乾板を用いた宇宙ガンマ線の大口径・高解像・偏光観測の実現と高エネルギー天体現象の研究

  • 特任助教

    北川 暢子
    研究テーマ

    原子核乾板検出器を用いた宇宙線イメージング技術の研究開発

  • NAGANAWA, Naotaka

    特任助教

    長縄 直崇
    研究テーマ

    原子核乾板と中性子の量子化状態を用いた重力および未知短距離力の研究、原子核乳剤の開発、低速中性子用原子核乾板の開発、X線トポグラフィー用原子核乾板の開発

  • 研究機関研究員

    松尾 友和

X線分光計測部

 知の拠点あいちシンクロトロン光センターの電子蓄積リング及び分光ビームラインを活用し X 線分光技術の高度化を図るとともに、新素材や医薬品開発などへの応用研究を進めます。

エネルギー・相界面材料化学(池永研究室)

エネルギー・相界面材料科学

シンクロトン光を用いた新たなX線分光計測および解析法の高度化を進めています。固体、液体、気体の状態に依らない「電子状態観測(スペクトロスコピー)」から、光触媒、人工光合成、水素燃料電池材における界面機能発現メカニズムを解明する研究に貢献します。

 

凝集しないナノ粒子

メンバーを表示する

Member

  • 客員教授

    吉田 朋子

ナノ加工計測部

微細加工を行うためのクリーンルーム

先端技術共同研究施設に設置されている薄膜作製装置、微細加工装置、分析・計測装置などの共用装置とクリーンルームを利用して、薄膜形成、ナノ材料作製、ナノ加工、評価/計測に関する技術の高度化を図り、高機能デバイス開発に貢献します。

ナノスピンデバイス(加藤 剛志研究室)

ナノスピンデバイス

8元マグネトロンスパッタ装置

メンバーを表示する

Member

  • 副センター長・教授

    加藤 剛志
    研究テーマ

    機能性磁性薄膜材料および高機能スピントロニクスデバイスの研究開発

  • 助教《工学研究科》

    大島 大輝
    研究テーマ

    微小磁気パターン形成手法の開発とその応用

  • 特任助教

    本田 杏奈
    研究テーマ

    マテリアル先端リサーチインフラを活用した研究開発支援,半導体計測技術開発

  • 研究員

    大住 克史
    研究テーマ

    マテリアル先端リサーチインフラを活用した研究開発支援

  • 客員教授

    園部 義明