名古屋大学

研究所施設

超高圧電子顕微鏡施設

超高圧電子顕微鏡施設
反応科学超高圧走査透過電子顕微鏡 JEM1000K RS

名古屋大学では,1965年に我が国で初めて50万ボルトの電子顕微鏡が設置されて以降,世界を先導する超高圧電子顕微鏡開発研究の隆盛を見るに至りました.特に2010年に設置された,新しい「反応科学超高圧走査透過電子顕微鏡」は,ガス中での各種の反応や現象を観察することが出来るため,環境・エネルギー関連材料の開発研究に適し,グリーンイノベーションに大いに貢献することのできる装置です.本施設は現在,その他の最先端電子顕微鏡群を有する共同利用研究施設として,本学の研究者はもとより共同研究を通して全国の大学,研究所,産業界の研究者にも共用されています.今後国際的な電子顕微鏡の研究センターとして,さらに機能の充実を図っていきます.

オリジナルWEBページ

超高圧電子顕微鏡施設 紹介ビデオ
超高圧電子顕微鏡施設紹介ビデオショート版

ショート版(1分)

超高圧電子顕微鏡施設紹介ビデオロング版

ロング版(6分24秒)

荒井 重勇

荒井 重勇

Lab

特任准教授

研究課題 : 超高圧電子顕微鏡を用いた反応科学その場観察

▲ページトップへ

先端技術共同研究施設

先端技術共同研究施設
先端技術共同研究施設のクリーンルーム

先端技術共同研究施設のクリーンルーム等には,分子線エピタキシー,CVD,スパッタリング等の成膜装置,マスクアライナ,電子線描画装置,ICPエッチング装置等の微細加工装置,SEM, ESCA,原子間力顕微鏡,薄膜X線回折等の分析装置など多くの先端的な機器が設置されており,各種材料の薄膜形成から,マイクロ/ナノ加工,さらに表面分析まで幅広い研究に活用されております.また,文部科学省の微細加工ナノプラットフォーム事業によるナノ材料・ナノ加工に関する技術支援を推進しており,学内外の多くの研究者に利用されています.

オリジナルWEBページ

先端技術共同研究施設 紹介ビデオ
先端技術共同研究施設紹介ビデオショート版

ショート版(1分)

先端技術共同研究施設紹介ビデオショート版

ロング版(6分33秒)

▲ページトップへ

教職員ページはこちら